工事の流れ|大阪給湯器センター|大阪 ガス給湯器交換 79%OFF 激安価格

工事の流れ

施工前
全体の状況を確認全体の状況を確認

10年間にわたりご利用されていたガス給湯器が故障し、お湯が出なくなったため点検に伺いました。

arrow
施工前
配管の接続状況の確認配管の接続状況の確認

故障原因が配管の接続不良によるものかを確認いたしました。

arrow
施工前
ガス給湯器本体の確認ガス給湯器本体の確認

PSカバーを取り外して、内部を点検し、修理が可能か確認したところ、寿命のため交換することになりました。

備)一般的にガス給湯器は、商品の発売より8年以上を経過すると、修理部品の供給がストップし、修理が出来ないケースが大半になります。

arrow
施工工程
既存ガス給湯器の撤去作業既存ガス給湯器の撤去作業

故障したガス給湯器を撤去します。
その後、幅・奥行などを確認し、新しく取り付けるガス給湯器との互換性を確認いたします。
必要に応じてPSアダプターを取り付けます。

arrow
施工工程
新規ガス給湯器本体の取り付け-①新規ガス給湯器本体の取り付け-①

レベル(水平基準)を調整後、ガス給湯器本体を固定いたします。

備)マンションタイプの場合は、電源を直接接続するため、本体カバーを取り外してからの作業となります

arrow
施工工程
新規ガス給湯器本体の取り付け-②新規ガス給湯器本体の取り付け-②

本体カバーを取り付けます。

arrow
施工工程
給水給湯配管・電気配線工事給水給湯配管・電気配線工事

給水・給湯配管を新規ステンレスフレキ管により接続を行います。

備)浴槽循環金具が旧式の場合は、往き配管、戻り配管の誤接続が無いように注意して接続をいたします。

arrow
施工工程
各配管の保温工事-①各配管の保温工事-①

配管の保温工事は、配管を剥き出しの場合は、結露等による腐食を招くことで、漏水・凍結による故障の原因となるため、入念に保温材を巻き付けます。
給湯配管側は耐熱仕様の保温材を使用いたします。

arrow
施工工程
各配管の保温工事-②各配管の保温工事-②

保温材を巻き付けした後、キャンパステープ等により、外観と共に保温効果の向上を図ります。

arrow
施工工程
配管・配線の接続確認配管・配線の接続確認

ガス接続は有資格者により、新規ガスフレキ部材に交換いたします。

備)ガス漏れ検査の実施
ガス漏れ検査器等により、入念にガス漏れ検査を行います。

arrow
施工工程
排気ダクトの接続作業排気ダクトの接続作業

排気漏れが無いようにビス止めおよび、耐熱アルミテープにより、ダクトを接続いたします。

arrow
施工完了
設置完了後の状況設置完了後の状況

試運転を行い正常に動作することを確認後、お客様に使用説明、注意事項をお伝えして工事完了となります。

arrow
既存台所リモコン 撤去作業-①
交換前状況の確認交換前状況の確認

設置場所が室内でもあり、特にお客様の目に付く場所になりますので細心の注意を払い作業を行います。

arrow
既存台所リモコン 撤去作業-②
導通確認導通確認

備)既存配線が多芯の場合は、二芯に処理いたします。

arrow
新規台所リモコン設置
新規台所リモコン設置
arrow
既存浴室リモコン 撤去作業-①
交換前状況の確認交換前状況の確認

既存配線の腐食状況を確認後、新規浴室リモコンを圧着端子による接続をいたします。

備)導通確認および絶縁測定後、交換いたします。
良否判定の後、再配線が必要な場合は、別途工事再配線いたします。

arrow
新規浴室リモコン 設置作業
新規浴室リモコン 設置作業レベル(水平基準)を調整して取り付けます。
壁面とリモコンの設置部分には、腐食・漏水の原因とならいよう、防水コーキング処理を行います。
お問い合わせはこちら